2011年05月06日

山口へキャンプ 1日目 初日から大波乱!?

5月3日から5日までGWを利用して山口県の萩アクティビティパークというキャンプ場へ行ってきた。さくらパパもママも山口へは行ったことがないのでワクワクドキドキハラハラだ。

自宅を8:30くらいに出発。中国道を通って途中で広島の国営備北丘陵公園へ寄る予定にしていた。さくらママの運転で順調に進んでいたんだけど流石にGWはどのSAも大混雑!トイレも女性用は大行列で相当時間がかかりそうだ。僕ちゃんは行く前から調子が今ひとつで途中から気持ちが悪いと言い出したのでPAで休憩を多く取りながら行った。渋滞は米子道へ分岐する手前で10kmほど。

出発時間の遅れや休憩やらで丘陵公園に着いたのが12時前くらい。かなり広い公園で遊具を見た瞬間に子どもたちは元気百倍!2時間くらい遊んで14時頃には出発しようと考えていた。

01.jpg
第3駐車場近くの”きゅうの森”

02.jpg
さくらも子どもたちも大興奮!

きゅうの森から少し歩いてもっと大きな遊具のある大芝生広場へ行くことにした。

03.jpg
つどい橋を通って広場へ

04.jpg
大芝生広場

05.jpg
広い!

14時前になったのでもっと遊びたいのを我慢して駐車場へ戻る。さあ今から山口のキャンプ場へ出発だ!…と思っていたら、

「車のカギが無い!!」がく〜(落胆した顔)

え!?なんで?なんで?カギはさくらパパがウエストバックに入れていたんだけど、どこを探しても見あたらない。ズボンのポケットも財布の間もポケットティッシュの間も全て見たんだけど、無い!無い!無い!

げぇー!!どうしよう!!ふらふら

どうやら落としてしまったくさい。しかし落としたって言ってもどこで??っていうか、こんなだだっ広い公園で車のカギみたいに小さなモノを見つけるのは至難の業だ。とりあえず管理事務所に電話してカギを探してもらうように依頼。さらに自分が進んだルートを辿ってみることに。落としたとすればバッグからデジカメか携帯を取り出すときが一番可能性が高い。

駐車場からぐるっと回るように進んだんだけど距離にして約2km。長い…。目を皿のようにして探してみたけど見あたらない。大芝生広場の管理員に相談してみたが、カギや携帯を落とすことは良くあるらしくて大抵の場合は拾った人が届けてくれて見つかるそうだ。淡い期待を胸にそれでも何度も何度もルートを探る。さくらママや子どもたちも一緒に探してくれたけどやはり見つからない。

そのうち15時、16時と時間は進み、だんだん帰る人が増えていく。公園に人がいなくなるに連れて逆にさくらパパの焦りは大きくなる。何度も管理員に尋ねるが「まだ見つかりません」の返答ばかり。

やばい、マジやばい。

とりあえずこのまま見つからなかった場合を考える。どこかの宿泊施設に家族を泊まらせて自分だけ電車か何かで自宅へ戻り、翌日スペアキーを持って来ようか。だけど電車ってこの辺走ってるのか?宿泊施設ってそもそもあるのか?キャンプ場があるのは知ってるけどGWで空きがないことも分かっている…。

もう10回は自分の辿った道を回っただろうか。無情にも時間は閉園となる17時に…。広い駐車場には動かすことの出来ないさくらパパの車が一台だけ。管理員は必死に探してくれてるがやはり見つからない。係の人や警備の人が続々と取り残されたさくらパパ一家のところにやってくる。

さくらパパ「この辺に宿泊施設ってありますか?」
係員「2カ所ほどありますけどGWで空いてるかどうか…」
さくらママ「空いてても犬連れじゃ駄目なんじゃ…」

あちゃー!もうやだ〜(悲しい顔)そうだった。さくらがいるんだった。万事休す。うーん困った。みんなで野宿!?

さくらパパ「大変申し訳ないのですがこちらのキャンプ場のコテージが空いてるか確認していただけませんか?」

コテージなら中にさくらを連れ込むことは出来ないが、外につないでおくことは出来る。食べるものが無くても取りあえず寝るところを確保して、俺だけ1時間に1本くらいは出ているという高速バスに乗って神戸まで帰ることも出来るだろう。祈るような気持ちで返答を待った。

そしたら上司の方の計らいで何とかコテージを確保してもらえるとの返答が!

助かった。これで最悪の状態は免れた。あとは高速バス乗り場を聞くだけか。
時間は既に18時に。辺りは薄暗くなってきている。係の人が色々手配をしてくれている間、落とした可能性の高い駐車場近くの遊具周辺を再度探してみることにした。何度探しても無い。やはり駄目か…。ほとんど諦めていたその刹那、

さくらまま「あーっ!あったーっ!!!」

え!!ど、ど、どこに??
見つかったのは遊具そばの藪の中。芝生をいくら探しても見つからないので、もしかしたら子どもがポイっと放り投げた可能性があると睨んださくらママが周囲の藪を探していたら見つかったのだそうだ。

さくらママ、グッジョブ!!パンチ

もうね、さくらママが神に見えたよ。いやマジで。よく見つけた!
みつけたさくらママも涙目だったよ。いやホントお手柄だ。良かった、良かった。

係の人に頭下げまくってお詫びとお礼を言って、ようやく公園を出発することが出来た。キャンプ場には夜の9時頃に到着すると電話をして一路山口へ。ホッとしたらお腹が空いたので七塚原SAに寄り夕食をとる。ここはドッグランがあるので少しだけさくらを遊ばせた。

06.jpg

ちょっとスピードを上げて山口へ急ぐ。夜の高速はスピード感が増して怖い。しかも山口への道はアップダウンが激しくて高速コーナー連続。まるで中央高速のようだ。それでも頑張って運転して、ようやくキャンプ場へ到着!

やったー!やっと着いたー!わーい(嬉しい顔)

だけどここからテントの設営だ。辺りは当然真っ暗。持ってきた暗めのランプを頼りに何とかテントを設営する。さくねぇねは大きくなって設営のお手伝いが出来るようになり、大活躍。とても早くテントが完成したよ。ただ夜も遅いし風呂に入れない。温泉前提だったから石けん持ってきて無くてシャワーだけ浴びてこの日は就寝したよ。

残りはまた後日…。また波乱が…。


さくらママ、グッジョブと思った方はぽちっとなお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村


posted by ももだい at 22:23| Comment(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。