2014年07月23日

歯が折れた犬のこれからって?

飼いヌシの不注意で...
折れてしまったさくらの大事な歯



072301.JPG



原因ははっきり分からないけど、
牛のひづめとも考えられるので
残っていたのを全部捨てて、さくらにあやまりました。



072302.JPG



病院で診てもらってとりあえず今のところ大丈夫だとは言われましたが
今も歯髄は見えていていつバイ菌が悪さをしないか心配です。

要するにこれって傷口が開いた状態ってことなのでしょうか?

だとすると▼´×`▼

皮膚をケガした時みたいにカサブタになって皮膚が再生されて(?)
傷口が治るように...
歯も自己再生されて治っちゃう?

なんてことはとても考えられない。

ってことは歯髄はずっと見えたまま...傷口が開いたままの状態ってこと?

これが人間だったらかぶりモノをして



072303.JPG



じゃなくって▼・w・▼あせあせ(飛び散る汗)
かぶせモノをしたりして何かしらの治療をするのではないかと思うのですが
犬の場合はどうなんでしょうか。

歯が折れたワンちゃんの飼いヌシさん。
“その後”どうされましたか?




072305.JPG





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
posted by ももだい at 20:16| Comment(6) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歯の折れたわんこの飼い主です。
ウチはそのままです。もう折れてます2年位経ちます。

これは私の勝手な考えですが、ロープ遊びは歯の汚れ取りを兼ねてする様にしてます。
お陰でロープ消費量が凄いですw
Posted by つきこ at 2014年07月23日 22:57
犬の歯に詰め物やキャップを被せるというのは、聞いたことがないですね。以前、ルーシーの獣医さんに聞いたハナシでは、犬の唾液は人間のものよりも、かなり酵素の分解力が高いので虫歯にはなりにくいとか。唾液の量も格段に多いので、口の中も菌が繁殖し難い環境なのでしょう。万が一、悪化したら、おそらく歯を抜くんでしょう。

さくらちゃんの場合も、掛かり付けの先生に相談するのが一番ですが「別の問題に発展するか心配なら抜きましょう」と言われるかも。ここらへんの掛かり付けができる治療は、抜歯までだと思います。
Posted by ルーシーの母 at 2014年07月24日 15:28
●つきこさん

あらまっ意外と身近に歯折れワンコの飼い主さんがw

牛のひづめはもうダメだから歯磨きガムとかロープならどうかな?って思ったんだけど
傷口にガムとかロープって...どうかなぁ。

やっぱりもうちょっと様子見て、って感じですかね。
Posted by さくらママ at 2014年07月25日 19:53
●ルーシーママさん

アドバイスありがとうございます♪

よく分からないだけになんとも言えないのですが...

必ずしも抜かなくてもいいかもしれない歯を
ただ“心配だから”と言う理由で抜きたくないんですよね。
できれば温存したまま落ち着いてくれればいいんですけど(^_^;)
Posted by さくらママ at 2014年07月25日 20:01
はじめまして、うちのマリーと天龍も歯が折れました。
マリーは元々歯が弱くてグラグラしてた歯をお友達が、わざとディスクのキャッチをさせて綺麗に折ってくれました。根元はとっても綺麗なので、病院でもそのままにしておいても大丈夫との事でした。あれから二年、化膿もなく元気です。
天龍は、今年5月のディスク大会の時に半分に歯が折れ、その時は流血のみで根元が綺麗なので病院でもそのままで大丈夫との事でしたが、半分に折れた部分があまりにも大きかったのでバイキンが入り化膿して腫れも引かなかったので、結局手術して根元から取りました。
一ヶ月半ディスクを我慢させた今は、とっても綺麗な歯茎になって大好きなディスクを楽しんでます。
わんこによって、さまざまだと思うので今後もし化膿したら抜歯を考えたらいいと思います!
突然の長文コメントで失礼しました!
Posted by 鹿児島のレオンママ at 2014年07月28日 13:55
●レオンママさん

はじめまして。
コメントしていただいてありがとうございます!

やっぱり大丈夫な場合とそうでない場合があるんですね。
今のところさくらの歯は大丈夫そうですが
気をつけて様子を見ようと思います。

アドバイスありがとうございました♪

ワンコの歯って意外と折れやすいんでしょうか?
なかなか立派な歯なので丈夫だと思っていたんですけどね...
天龍くんはまたディスクが出来るようになってよかったですね。
Posted by さくらママ at 2014年07月30日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: